国包をよりよく知るために





 私の生まれ故郷である兵庫県加古川市上荘町国包(くにかね)について、主に加古川市史とWebより情報を収集しここにまとめた。

 現在の国包は、私の心の中にある子供時代の国包と変わらぬ部分も多いが、町並みからは江戸時代の古い大きな家々が消えて新しい家が建ち、その一方で更地も増えた。加古川の河原には市街地より続く道路が延び、国包はこの道路で開催される加古川フルマラソンの折り返し点となっている。さらに、加古川レガッタも目の前で催される。

 「西の高山」と例えられる190年の歴史を誇る地場産業の国包建具も、高い技術力とは裏腹に、安価な代替品におされて現在は売上高が低迷している。国包公会堂には国包建具の立派な書院があり、加古川レガッタに訪れここで合宿する多くの学生がこれを見る。国包建具を知っていただく良い機会になっていると思う。

 江戸時代から明治、大正、昭和、そして現在の平成へと国包は大きく変化した。その変化の全てをここに示すことは不可能であるが、その一端でもと思い、集めた情報を下にまとめた。さらに詳細を知るには書籍「加古川市史に読むわがふるさと国包」を参照願いたい。



What's New
2018年
 川と環境をめぐる地域交流会in国包(神戸新聞、9月21日)
 川と環境をめぐる地域交流会in国包(9月22日、国包公会堂)
 第4回国包伝統文化祭(9月15日、16日)風景を掲載
 第4回国包伝統文化祭が紹介されました(神戸新聞、9月5日)
 第4回国包伝統文化祭が紹介されました(加古川経済新聞、9月3日)
 第4回国包伝統文化祭(9月15日16日)の案内状が到着(8月8日)
 国包郷校をホームページに追加しました(姫路市史第4巻より、4月15日)
 国包の石仏セイメイさん紹介番組(BanBanにじいろたまご4月1~15日)
 国包けやきの会新春セミナー 浪曲 京山幸太師講演会開催(3月18日)
 国包けやきの会新春セミナー 飯沼博一氏講演会開催される(2月25日)
 国包けやきの会新春セミナー2月、3月の講演案内(神戸新聞、2月19日)
 「挨拶名人の会」が浜ノ宮小学校で挨拶運動(神戸新聞1月30日)
 国包けやきの会新春セミナー案内 2月25日 飯沼博一氏講演(1月25日)
    参考情報:「ひろかずのブログ」から読み解く「国包」の歴史
2017年
 「挨拶名人の会(藤原忠悟会長)」が発足(神戸新聞、11月15日)
 国包建具製 戦国時代をモチーフの『将棋セット』(神戸新聞、10月21日)
 加古川清流戦決勝に国包建具製将棋盤も一役(神戸新聞、10月19日)
 衆院選 町の実情国に伝えて(国包けやきの会、神戸新聞10月6日)
 宗佐遺跡 奈良-平安期の大型建物跡を発見(神戸新聞、9月21日)
 第3回国包伝統文化祭(国包けやきの会、9月2日、3日)風景を掲載
 伝統と革新が織りなす加古川の誇り 国包建具(広報かこがわ 9月号)
 第3回国包伝統文化祭(国包けやきの会、9月2日、3日)情報を掲載
 東播磨道北工区が着工 2021年175号線まで全通(神戸新聞、6月1日)
 加古川漕艇2000mコースが復活 パラリンピック(神戸新聞、4月13日)
 加古川漕艇センターがパラリンピック練習場の候補に(神戸新聞、3月18日)
 国包けやきの会 新春セミナー 第二弾が開催 その記録(3月12日)
 「国包けやきの会」活動の熱いエネルギー(神戸新聞、2月19日)
 国包けやきの会 新春セミナー 第一弾が開催 その記録(2月12日)
 国包の歴史を学ぼう(国包けやきの会新春セミナー、神戸新聞2月4日)
 JR新駅を厄神-市場間の漕艇センターにとの計画(神戸新聞、1月27日)
 国包けやきの会新春セミナーのご案内 国包公会堂 入場無料(1月24日)
  2月12日(日) 岩坂純一郎氏「加古川と国包の歴史に学ぶ
            バイオリン演奏 粉河優子氏
  3月12日(日) 旭堂南海師
            「おもしろ国包講談・加古川の舟運と鉄道ものがたり」
2016年
 第2回国包伝統文化祭(国包けやきの会、9月3日、4日)情報を掲載
  資料「川と共に生きる(国包けやきの会)」を掲載(9月3日)
 国包町並みの道路舗装工事が終わる 但し西半分だけ(8月27日)
 「開削開始200周年の亀の井用水を歩く」を掲載(8月25日)
 第2回国包伝統文化祭(9月3日、4日)の案内をいただきました(8月4日)
 国包地区の伝統学ぶ 加古川八幡小 建具作りも(神戸新聞6月9日)
 国包建具製「あんどん」がふるさと納税記念品となる(神戸新聞4月16日)
 国包けやきの会会長 藤原忠悟 伝統守り地域を元気に
 会の合言葉は「今できることを面白く」(神戸新聞4月10日)
 「国包まちづくり」紹介(2月26日、地方創生ワークショップ)
 セミナー「谷五郎の田舎暮らし」今こそ地方の時代(2月14日、国包公会堂)
 加古川の伝統工芸再興・地方創生の現場から(2月9日、神戸新聞)
 新春!東播磨寄席(BAN-BAN 1月2日放送、国包公会堂にて収録)
 藤原向意(ふじわらさきお)の木版画(神戸新聞(1月1日、辰巳直之)
2015年
 加古川線厄神車両基地見学会(12月19日)
 第1回国包伝統文化祭(国包けやきの会、9月5日、6日)情報を掲載
 加古川プラザホテル新カーペットの国包建具図案(神戸新聞8月25日)


 国包公会堂  公会堂横のけやきの木
 加古川市  国包





第1回国包伝統文化祭(2015年9月5日、6日)

   詳細はこちらをご覧ください




第2回国包伝統文化祭(2016年9月3日、4日)

   詳細はこちらをご覧ください



第3回国包伝統文化祭(2017年9月2日、3日)

   詳細はこちらをご覧ください




第4回国包伝統文化祭(2018年9月15日、16日)

   詳細はこちらをご覧ください

 けやきの会  藤原忠悟会長挨拶








国包の概要(Wikipedia)  国包の人口推移
 
国包の歴史  印南郡誌(大正5年)から国包に関する記事を抜粋
国包は加古川舟運と湯山街道の交差点
「ひろかすのブログ」より読み解く「国包」の歴史 
飯沼博一先生による講演会「国包と八幡町の歴史に学ぶ」
加古川と国包の歴史に学ぶ(岩坂純一郎氏講演)
加古川の舟運と鉄道ものがたり(旭堂南海師による国包講談)
加古川の歴史(国包村流出、国包浜実況図、国包の築山)
 
加古川舟運  湯山街道  国包村明細帳  国包に関する古文書目録
国包川辺実況図(嘉永)  加古川改修工事平面図(全般部分
亀之井用水  築山神社  常観寺  教泉寺  せいめいさん  国包郷校
 
開削開始200周年の亀の井用水を歩く
川と共に生きる(国包けやきの会)
国包の渡し(昭和初期)  国包鉄橋を渡る列車   国包駅  公会堂横の欅
国包の地図  文化8年(左図右図) 明治16年 昭和38年 昭和55年  
昭和初期の家の並び町並み  現在の町並み
大正~昭和初期の国包周辺の風景(畑健夫写真集)
YouTube  国包の鉄橋  三木鉄道(宗佐-国包国包-厄神三木-厄神)  
YouTube  国包の屋台  国包の築山 火の見櫓  漕艇センター  レガッタ  
 
国包の苗字「畑」「畠」「秦」   国包・畑姓の家紋群
 
国包建具の歴史
   国包建具の歴史(高橋建具製作所)
    「西の高山」 建具の町 加古川国包民俗誌(井谷亜沙美、関西学院大学卒業論文)
   国包建具(兵庫県) 
ビデオ教材 国包の建具 わがまち加古川(国包建具情報を含む)
国包周辺の建具製作所
国包建具の現状と課題
 
住みよい国包をめざして
  国包地区まちづくり協議会のとりくみ
  国包を活気ある街とするために
   東播磨南北道路




 本ページを作成するにあたり、多くのWebにリンクさせていただきましたこと、また、必要と思われる情報につきましてはその必要の範囲で引用させていただきましたことを、この場をお借りして深く感謝申し上げます。 





 ホームに戻る